ベッドタウンの東大和市の不動産   no comments

Posted at 6:04 pm in

東京オリンピックがもうすぐ開催されるということで、不動産の価値が上がっているのが東京都内の状況ですが、東京都内でも東大和市周辺など不動産物件として、購入しやすいところもあります。もともと都心方面のベッドタウンとしても人気がありますが、首都の東京ということでは、魅力的な地域でもあります。不動産物件は、最近もマイナス金利での貯蓄の魅力の減退で、再度注目を浴びているということですが、マイホームということでも、東京都内は魅力があります。東大和市の場合には、自然も豊かですし、将来的にも今以上に交通アクセスも良くなるでしょうからねらい目です。また、永住ということでも、ちょうどよい地域でもあります。住宅ローンでもマイナス金利の状況では、当分は金利も魅力的ですので、その点もマイホームの購入ではメリットがあります。

東大和市の不動産と資産価値

不動産投資ということでは、将来どうなるかわからないということですが、マイホームを購入する場合も不動産投資ということになります。その場合に、今のマイナス金利のことも考えてみると、住宅ローンで購入するメリットは大きなものがあります。不動産物件の購入では、資産価値ということを考えます。東京と地方の違いを考えると、今の少子高齢化と将来の人口減少を考えてみても、せいぜい首都圏ぐらいが価値を維持する限界ではないかとも考えられます。どの土地も同じ価値ではなく、価値の開きが大きくなることは、誰が考えても同じです。需要と供給ということでは、人口の多いところが資産価値も損なわれにくいということにあります。そうなると東京都内のベッドタウンのような場所が無難なところということになります。東大和市周辺もそのひとつになります。

東大和市の周辺の不動産物件とマイホーム

マイホームの購入ということでは、首都圏周辺に職場がある場合には、地域的にも通勤圏内ということで購入の候補地が限られてきます。将来的にも日本の人口が減っていくということを考えても、長期のローンでのマイホームの購入は、よく地域を選んで購入する必要がります。東京都内は、その点では地方よりも有利ということになりますが、東京オリンピックのために地価が高騰してしまい、23区内などの地域は現実的な購入は、一般のサラリーマンでは難しくなります。しかし、地方の場合には通勤圏内でも、なかなか将来を考えると素人がわかるような状況ではありません。その点、購入しやすいのが、東大和市などのベッドタウンと言われる地域です。23区内やその周辺よりは購入しやすいということでもあり、将来的にも東京に人口が集中するということもあるので、不動産物件では、考えてみるべき地域かもしれません。