バーチャルオフィスを大阪で探している方必見です

大阪は古くから商売が栄え、様々な企業が進出している都市です。東京が本社だと考えられている企業も、実は大阪が本社であることも多く、新規事業所の立ち上げが多いことでも有名です。それだけにビジネスに関しては厳しい街とも言えますが、新規事業を立ち上げた場合、クライアントからの信用を得ることが大切になります。そこで、発展してきたのがバーチャルオフィスです。都心部の一等地に住所を持つオフィスを借り入れることで、ビジネスに厳しい関西圏でも信用を得やすいことが、大きなメリットとして広く利用されていますが、最近では、この住所で会社登記が可能なオフィスも多数出ていますので、さらに人気が高まっています。また、ワーキングスペースの併設など、一般の事務所と変わらない機能を付加したオフィスも続々出てきているのです。

最近のバーチャルオフィスのサービス内容

かつてのイメージでは、住所だけを借り入れて、郵便物や電話、FAXなどの転送サービスを利用するのが、大まかな利用形態でしたが、最近では、専用の事務スペースが借り入れることができるのは、当然として、様々なオプションを格安に利用できるようになっています。その代表格が貸会議室です。オフィスによっても異なりますが、5〜6人程度で利用するミーティングルームや30人以上が利用できる会議室など、その形態は様々ですから、利用する会社の職種や業務形態によって選択することが可能です。例えば、顧客を集めてセミナーや商品説明会を実施する場合、その都度、高い利用料を支払う事を考えれば、安価な利用料金で、会議室を探す手間も必要ありませんので、会社にとっては、大きなメリットになるのです。

大阪のバーチャルオフィスのサービス向上が目覚ましい理由

ワーキングスペースも大きな魅力です。大半はフリースペースとして解放されているものですが、パソコン環境が整っていることは当然として、電子レンジや冷蔵庫、フリードリンクが導入されているオフィスもありますので、ランチミーティング等、リラックスした雰囲気の中で打ち合わせを行うことが可能です。こういった環境を社内に設けることは困難ですから、非常に重宝されています。このように、最近のバーチャルオフィスでは、大胆なサービス改革が行われています。また、料金についても月額10000円以下で借り入れが可能なオフィスが大半ですので、非常にリーズナブルです。こういったサービス向上の背景には、ユーザーの満足度を常に意識する、大阪商人の心意気があることは間違いありません。