大阪のバーチャルオフィス料金相場

大阪は東京と同じくビジネスの拠点となるエリアの一つです。ビジネス拠点にするためにはオフィス機能が必要であり、貸し事務所やオフィスビルを利用する事でビジネス拠点の確立が可能になります。しかし、首都圏にオフィスを構えるとなった場合、保証金などの初期費用を用意しなければなりませんし、業務に必要なデスクや机、パソコン、コピー機や複合機、ビジネスホンなどのOA機器の導入並びに、インターネット環境を整えるなど、何かとお金が掛かる事になります。さらに、一人で会社を立ち上げた場合にはビジネス拠点を自宅とするケースが多く、オフィスを借りるまでには至らない事もあります。しかし、バーチャルオフィスは住所や電話番号を利用するサービスとして使えるオフィスであり、ビジネス拠点としてのオフィスに使える優れものと言えましょう。

初期1ヵ月無料や保証金無料などのサービスもあります

大阪のバーチャルオフィスは会社登記が出来るようにところが多くあります。会社を立ち上げる時には本社の住所が必須であり、自宅住所を登記するとなると情報が洩れてしまうなどのリスクを心配する人も少なくありません。登記として利用する時には、法人登記が出来るのかを確認する事や中には登記として利用する場合には別途費用が必要になる事もあるので事前確認は大切です。尚、料金相場としては利用するサービス内容により異なります。例えば、住所のみのレンタルであれば月額500円前後で利用する事が出来る、借りた当月は利用料金が無料になる、保証金なども無料にしている会社が多くあります。サービス内容が増える事で料金は増える事になりますが、住所利用、会社登記、専用電話などのサービスを利用した場合は4,500~7,000円の料金設定になっている所が多くあります。

料金相場を比較する事が出来る情報サイトも便利です

大阪のバーチャルオフィスにはそれぞれニーズに合うプランを用意してあるのが特徴で、住所だけを借りるプランから電話や荷物、郵送物の転送サービスなどを利用出来る基本プランなどがあります。さらに、企業などの法人が契約する事が出来る専用のプランを用意している所もあります。法人などが契約出来るプランには、住所、郵便物の受取や保管、転送、専用電話や電話代行、ファックスやメール通知サービス、そして登記などバーチャルオフィスの大半のサービスを利用出来るプランでもあり、大阪の住所や局番を利用する事が出来るため注目を集めています。ネットショップなどを経営する個人が利用するケースも多くなっており、サービス内容に応じて500円から2万円前後の料金相場になっているのが特徴です。